「婚活」って使っていいの?Copyrightを付けた手前調べてみた



こんばんは。

(1)結婚の可能性=出会いの数×成功率

(2)自分が良いと思う∩相手が良いと思う=結婚相手

を提唱している筆者です。

【免責事項】
本記事では商標法に係る内容を掲載しています。しかし筆者自身は法律関係の国家資格を保有していません。本記事により不利益を生じたとしても、筆者は責任を負いかねますことご承知ください。また、記事の内容に誤りがありましたら、指摘いただけますと助かります。

 

はじめに

カテゴリーを見て頂くと分かりますが、本記事は雑記です。直接婚活の話ではありません。でも、執筆者にとっては重要な要素です。分かりにくくて申し訳ありません。

少し本ブログページの見栄えを変えました。本当に少しです。下の方に「Copyright (C) 40代男子のスピード婚活術 All Rights Reserved. 」の一文を加えました。ブログページの作り方の記事を見ていたところ、簡単に変えられそうでしたのでチャレンジしてみました。

Copyrightを高らかに記載する以上、筆者自身が他人の著作権を侵害したり、その他他人の権利を侵害していてはダメと思いました。まずは登録商標の観点から、侵害が無いか調査することにしました。

 

「婚活」のキーワードは使っていいの?

今まで当たり前のように使っている「婚活」の言葉。筆者も記事で普通に使っていますが、そもそも使っていいんだっけ?そんな時は登録商標を調べると良いでしょう。

筆者の使っているサービス名(ブログのタイトル名)は「40代男子のスピード婚活術」で、サービス内容は「結婚に関する体験」および「結婚に関するノウハウの提供」あたりになるでしょうか。

もし「40代男子のスピード婚活術」という名称が、結婚全般で、既に全国的に有名な事業と紛らわしいと判断されると問題です。

 

よく分からん!例え話で頼む!

例えば、筆者のブログタイトルが「○ーネットのスピード婚活術」であれば、間違いなくオー○ットからクレームが来るでしょう(裁判しても筆者が負けるでしょう)。

 

登録商標の方はだいじぶ?

もう一つの問題、登録商標を侵害しているとしたら問題です。さすがに「40代」「男子」辺りが登録商標に引っかかるとは考えにくい(商標登録されていても、こちらがクレーム入れれば商標そのものを無効にできそう)です。

ただし「スピード婚活術」は怪しいです。

そこで怪しいキーワードで商標登録されているか調べてみました。

 

実際に登録商標を調べてみた:スピード婚

(1)「スピードコン」で調査
2件ありました。

登録5028325:「SPEEDCON」。電子部品関連でした。スピード+コネクタ を表現?

登録5831413:「スピードコン」。コンクリート関連でした。スピード+コンクリート を表現?

 

実際に登録商標を調べてみた:婚活

(2)「コンカツ」で調査
70件出ました!

特筆すべきは 登録5302273:「婚活」。電子媒体全般、書籍、文具全般。

筆者のブログは完全この登録商標の範囲内です。よって、ここから商標権を侵害していると言われてしまえば「婚活」の文字を消さざるを得ません。登録商標とはそういうものです。

ただ、本ブログも登録しているブログランキングでも「婚活」の文字が普通に使われています。この様子を見る限り、少なくともブログに対しては権利侵害をを申し立てる兆候は無いと思われます。

ん?クレーム言わないのかって?言えません。この商標の権利者を見ると「山田昌弘」と書かれており、「婚活」時代 (ディスカヴァー携書)という著書で、「婚活」の言葉を世に広めた一人であるのは間違いないからです。2017年2月からこのブログを始めた筆者如きじゃ勝てねえw

 

コンカツの登録商標の調査で分かったこと

「コンカツ」を含む登録商標(70件には審査待ち含む)の出願時期を見ると、「婚活」が一番最初であることから、「婚活」の言葉に便乗したのかな?と見えます。コンブ+カツオでコンカツとかw

 

「オタク婚活」の登録抹消から考えること

もうちょっと詳しく見ていたところ、一度商標登録されていた「オタク婚活」が異議申し立てによって登録抹消を受けていました(異議2013-900069)。

異議申し立ての審査結果の中で「少子高齢化が進む日本において、「婚活」は、少子化を防止する第一歩の対策の意味合いもあるところ、「オタク婚活」の文字は、婚活においては共有の語であることから、該文字からなる本件商標を一私企業に独占させることは、公益を害するものである。」とありました。

平たく言えば「婚活」を独占させるのは国益に反するから認めないよーん、と(商標法第4条第1項第7号)。あれ?異議申し立てすれば「婚活」の登録商標も今なら潰せる?

…しがない1ブロガーに、そんな気力(やる気)も体力(お金)もありませんw

 

コンカツを登録商標してビジネス化?

「コンカツ」を検索していて面白いなーと思ったのは、「婚活メンター」が商標の審査待ちになっているところでした。「婚活メンター」の言葉自体は、少子化対策で内閣府が提唱した言葉です。

「婚活メンター」の商標を申請しているのはノッ○ェの社長でした。これをノッツ○が登録商標にできたら、岡野あつこ氏が登録商標としている「離婚カウンセラー」のようにビジネス化(?)するかも知れませんね。興味があります。

尚、70件の中に「婚活術」の登録はありませんでした。…申請する気は全くありませんが、一応調べてみました。

 

「婚活」を使うことに関する筆者の決断

当面は「婚活」の表記を継続することとしました。ただ、「婚活」は山田昌弘氏の登録商標であり、本ブログが氏から権利侵害を言われた場合、「婚活」の文字を「結婚活動」に変換することで対処することに決めました。

 

まとめ

本稿では、本ブログタイトル「40代男子のスピード婚活術」が登録商標に引っかかっていないか調べてみました。

結果、「婚活」の文字で山田昌弘氏の権利を侵害している可能性があることが判りました。

一方、「婚活」のキーワードを独占することは国益に反するとの判断事例もあり、登録商標が認められた2010年ならともかく、今となっては少子化対策に貢献するキーワードとも捉えることができます。

本ブログの対応としては、「婚活」の権利者である山田昌弘氏から権利侵害の申し立てが無い限りは、今まで通り「40代男子のスピード婚活術」と名乗ることとしました。

ブログランキングに参加しています。
よろしければ押して下さい!




ブログランキングに参加しています。
よろしければ押して下さい!




出会いの数を増やすなら?

登録・年会費無料の街コンなら!コンパde恋ぷらん

お見合いパーティーといえばエクシオ

出会いの数と成功率のバランスが大事?

月会費無料の結婚相談所【スク婚】

【メンタリストDaiGo監修】恋愛婚活マッチングwith
心理学×統計学で運命より確実な出会いを見つけよう!

成功率にこだわるなら?

お見合い料0円/成功報酬制婚活【カリスマ仲人士100】

成婚実績多数!!内閣府認証のカリスマ仲人【ハッピーブライダルサークル】