いい相手がいない?条件の見直しを!(その2)



こんばんは。

(1)結婚の可能性=出会いの数×成功率

(2)自分が良いと思う∩相手が良いと思う=結婚相手

を提唱している筆者です。

 

今週は出張が多く、普段目にすることのない光景を見ることができました。

普段目にすることのない光景、多くの発見があります。これは婚活でも言えることでしょう。

そうです。条件を変えてみると、今まで見えなかった世界が開けるでしょう。

 

前回のおさらい

前回の記事では、筆者が相手に求めた条件とその背景を紹介しました。筆者が相手に求めた条件に当てはまるのは結婚相談所の女性会員の約3%。

バツありの筆者からしてみたら、上出来の数字です。あとは頑張って約3%の会員を探すだけ。。。そう思っていましたが。

 

探すは自分に一番合うお相手

妥協も必要とは言いますが、入会直後の人にそんなことを言うのは酷でしょう。なにしろ結婚相談所のコンピュータシステムに登録されている異性から選び放題なんですよ?

入会直後であれば、一気に万単位の異性が目の前に現れるようなものです。

最初ぐらいは夢持たせてくれよw

とは言え、何も考えずに検索をしますと、かなりの人数がHITします。筆者はまず同じ県に住んでいて、且つ出向くにもそんなに遠くない人を選ぶことにしました。

…ほとんどいねえwwww

片道1時間半を目安に探すことにしました。

 

手探りでコンタクトを取る

筆者は、条件のよさそうな方に片っ端からコンタクトを取りました。

結果全滅(´・ω・`)

 

結婚相談所のスタッフと相談しつつ、更に検索範囲を広げていきました。

1日3時間ぐらい検索!

筆者が相手に求める条件ですと、かなりの人が検索結果に出ます。一気に見るのは大変ですし、見落としが発生したらもったいないです。

筆者の求める条件+36歳
筆者の求める条件+37歳
筆者の求める条件+38歳
筆者の求める条件+39歳

ふぃー疲れた

ちょっと気休めで全然違う条件で検索(格闘技観戦好きとか、あんまり趣味に選ばれなさそうな条件で)

おっ、素敵な女性がいる!

 

たまにはアホになると良い

たまに条件に縛られず、変わった(?)検索方法をすると良いです。理由は

・今までの検索では絶対に見つけられない素敵な方が見つかる可能性がある
・相手に求める条件の妥当性を検証するきっかけになる

よく婚活記事では、条件減らせ!と書かれています。これ自体は筆者も正しいと思います。でも自分で納得して条件を減らさないと、その異性に会った時「この人条件外れているからなぁ~」と、いきなりマイナスの色眼鏡で見ることになってしまいます。

結局会って断ることが分かっているのであれば、条件を減らして会う人を増やした意味がありません。ちゃんと納得したうえで条件は変更しましょう。

 

筆者が試してみた変わった検索例

・筆者と同じ市に住んでいる女性(他の条件は無し)
・麻雀を趣味にしている非喫煙者の女性(他の条件は無し)
・沖縄在住の35歳から45歳の非喫煙者の女性(他の条件は無し)
・東京都・神奈川県で50代の女性(他の条件は無し)

コツは50人以内(全員のプロフィールをじっくりみられる人数)になりそうな条件で検索することです。自分に合っているかではなく、プロフィールを全員見られる条件を考え出すことですw

もうね、検索、検索、検索、検索で頭がおかしくなっていたんでしょうね^^;

 

本当に条件変更は必要?

必要と思うかどうかは婚活中の方それぞれです。婚活中に新しい発見があって、条件を変えることは良くあることでしょう。条件の見直し作業は素敵なことです。本当に相手に求める条件が洗練されていくからです。

筆者も相手に求める条件は結構な頻度(月に1回ぐらい)で行っていました。

 

まとめ

本稿では結婚相談所でお相手を検索する際、筆者が使った検索方法を紹介しました。ポイントとなるのは2点でしょうか。

・とにかく自分が相手に求める条件に合う異性、全員のプロフィールを見る
・なんか疲れてきたら、全員分のプロフィールを見られる条件で検索してみる

まだまだ筆者と筆者の妻との話が出ていません。ということは???

つづく!

 

あとがき

今日出張帰り、乗換駅で移動中、珍しい方法のナンパ師を見ました。

ナンパの鉄則で、歩きが遅い人を狙うというのがあるのですが、その人は歩くスピードが速めの人ばかり狙っていました。

筆者と同じように、いつもと違う条件で相手を定めているのかも、と感じました。歩くスピード速い人は、あんまりナンパされることないし、成功率高いのかも?

それとも単なるバカだったのか。

疲れていたので、結論出る前にその場を後にした筆者です。結果は分かりませんが、歩くスピードが速い女性を狙うのもいいかもですよ?
普段と違うナンパの方法で新鮮かもしれませんよ?(誰にいってるんだ?筆者

 
———-
ブログランキングに参加しています。
よろしければ押して下さい!