婚活と仕事、どっちが大事?

こんばんは。

私と仕事、どっちが大事?

男としては聞かれたくない質問ですね(´・ω・`)

「仕事」もパートナーのためだし、「私」はパートナーだし。

置き換えたら「私と私どっちが大事?」

どう答えろと?

 

ではタイトルに書いた「婚活」と「仕事」は同じなのでしょうか?

 

「んなもんどっちも並行してできるっしょ!!」

 

が筆者の考えでしたが、実情はそうでもないようでした。

 

統計が出ています

パートナーエージェントのQOM総研によりますと、「長時間残業で恋愛や結婚生活がうまくいかなくなった経験者は約7割!」だそうです。

「恋愛や結婚生活がうまくいかない」を拡大解釈すると、婚活でも同じように「うまくいかない」経験をすることになるかも知れません。

これを素直に受け止めると、「結婚」と「仕事」を両立できない可能性は7割。3分の2以上が両立できない人になる計算です。

 



 

どうすればいいのか?

婚活をするのであれば

(1) 仕事の谷間を使って一気に相手を見つける

(2) 仕事量をセーブして婚活の比率を上げる

(3) 仕事が大変同志でくっつく

あたりが有力でしょうか。

(1)と(2)は婚活に割り当てる時間がありますが、(3)の場合、時間がないままです。

 

(3)は例外だが可能性はゼロではない

(3)の戦略の場合、自発的に相手を見つけることが(時間的に)困難です。こんな時こそ結婚相談所を使うと良いでしょう。

相手を見つける作業をアウトソーシング(外部委託)することで、自分の作業を減らせます。

お金が必要になりますが…

この場合、ネット上でお相手が紹介される、いわゆる結婚情報サービスではなく、個人で経営されている結婚相談所の方が良いでしょう。

「相手探しの時間が無いので」と事情を話せば、柔軟に対応してくれるでしょう。

 

そもそもだが

お相手を見つけるまでは何とかなっても、その先はやはり「時間の問題」が降りかかります。

お相手を放置しすぎて「仕事と私、どっちが大事?」なんて言われないようにしましょう。

あれ?なんか筆者、変なこと言ったような

 

人生理論通りにいかないことがあるんですよ

はぁー

 

———-

ブログランキングに参加しています。
よろしければ押して下さい!