婚活の中間成績は?

こんばんは。

2つ前のブログパートナーエージェントのデータを引用しました。

パートナーエージェントの統計は実に興味深いものでした。ですので再登場していただきましょう。

こちらです!

 



 

あなたの婚活達成率は?

婚活の目的は「結婚をすること」です。
(今回は話を単純化するため、「しあわせな」結婚とか省略します)

婚活中の方々は、結婚をすることを目的に日々活動していることになります。

さて質問です。

あなたの婚活は今、何%の段階でしょうか?

正直ほとんどの方が明確に答えられないでしょう。

 

筆者の婚活達成率

筆者の場合を例にしますと、婚活は12カ月と決めていました。3カ月経過で25%の段階と言えます。

ただ、この%(パーセント)の計算方法では、12カ月経過した場合、結婚できていなくても達成率100%になります。

筆者の場合は12カ月婚活してダメなら、結婚は諦めようと腹をくくっていました。ですので婚活の達成率は目的を達成できなくても100%と言えました。

一方、「結婚するまで婚活」と言う方も多いでしょう。その場合、何%か見えづらくなります。何%か見えづらくなると、いわゆる婚活疲れの原因にもなります。

#筆者は何%か見えてても婚活疲れを起こしたヘタレです(´・ω・`)

 

平均値を知って目安とする

パートナーエージェントによりますと

成婚までに平均
22.7人とお見合い
7.5人と交際

とあります。

パートナーエージェントの言う交際は、最初のお見合いで双方OKとのことです。筆者が活動していた「楽天オーネット」に置き換えた場合は、1回目会ってみて断られなかった人数、となるでしょうか。

上記条件で筆者の場合の数値を出すと

出すと

お見合い人数は20人ぐらい
交際人数は18人ぐらい

となります。

お見合い人数は平均よりちょい下。交際人数は平均の2倍。

まあ、交際の定義がパートナーエージェントと筆者の定義では異なりますので、何とも言えません。

筆者の定義ですと、お見合いの後、次に会う時期の調整をしている人が同時に10人いたとしたら、交際人数10人になってしまいますから。

おっ、筆者、お見合いまで持っていった後の成績いいじゃん!(自画自賛)

その分、筆者はお見合いまで持っていく過程で散々振られていますが…。

 

一つの目安に

交際人数は、婚活サービスの形態によってかなり変わりそうです。しかし、お見合い人数はある程度の目安になるでしょう。

お見合い人数が22.7人以下で「全然結婚できない」と嘆いている方は、お見合い人数が全然足りてません。せめて平均の22.7人を超えてから嘆きましょう。

逆に45人以上(22.7人の約2倍)を超えていても結婚できない方は、婚活方法に問題があるかも知れません。

婚活中の皆様の活動指標になれば幸いです。

 

———-

ブログランキングに参加しています。
よろしければ押して下さい!