料理に見る婚活術

こんばんは。

今の世の中目まぐるしく変わっています。

変わっていく中にも、昔から変わらないこともあります。

例えば…

……

……

さて本題にいきましょう!

 

3つの袋のお話

結婚式のスピーチでよくある話です。

夫婦生活、これから人生を過ごすにあたり、大切な「袋」があります。

・給料袋
・胃袋
・お袋
・堪忍袋
・金玉袋

3つじゃないですね^^;

スピーチでは大体この中から都合の良さそうなものが3つ選ばれます。

 

結婚相手に求める条件に照らすと?

・給料袋 → 収入
・胃袋 → 料理上手
・お袋 → 家族愛
・堪忍袋 → 包容力
・金玉袋 → 夜の生活

どれも結婚生活では切っても切れない項目ですね!

なあんだ、料理上手は昔からポイント高いじゃないですか!

 

アラフォー男子が取るべき行動は

であれば、アラフォー男子が取る行動は3つです。

(1) 料理は相手に任せた!
→ その代わり料理しない代わりに他の負担を持つ(給料とか)

(2) 料理は俺に任せろ!
→ 筆者の周囲でもそういう男性は増えています。

胃袋をつかむことが結婚生活で大事なのは、今も昔も変わっていません。

しかし、昔は女性の担当であった料理が今では男性、女性どちらが担当しても良い時代になっています。

 

男性(夫)が家で料理を作って、仕事で帰りが遅くなる妻を待つ家庭も、今の時代アリだと思う次第でした。

 

———-
ブログランキングに参加しています。
よろしければ押して下さい!