継続は力!試行錯誤も力!

こんばんは。

(1)結婚の可能性=出会いの数×成功率

(2)自分が良いと思う∩相手が良いと思う=結婚相手

を提唱している筆者です。

 

ここのところ、記事の更新をサボっていました。結果、ブログのランキング順位がものすごく落ちていました。

筆者のような新参者ブログには根強いファンも少ないですし、きっちり「継続して更新」して、且つある程度の順位をキープすることでアクセスが維持できるのかな…などと思いました。

きっとそこから先は筆者の文才次第なのでしょう。

 

婚活も継続と試行錯誤

そうそう、婚活も継続することが大事だと思います。その上で試行錯誤すると尚良いでしょう。筆者も多くの方からアドバイスを頂き試行錯誤しました。

自己アピールの仕方などは、最初にお見合いした方と、終盤お見合いした方とでは(筆者比で)3倍ぐらいにになっているはずです。

自分のスペック(収入、学歴)を1カ月で変えるのは困難でも、同じスペックでもアピール方法の変更であれば1カ月で改善できる余地があります。

 

細かいアドバイスも取り入れてみよう

筆者は割合頑固な性格で、自分のやりたいようにやる派だと思います。しかし、婚活については、自分の偏差値が低いと言い聞かせ、他人の意見を取り入れてきたつもりです。

そんな筆者が今日から使えるアドバイスをするとなれば…

今なら美女と野獣(映画)を観に行くといいんじゃない?

あ、もちろん1回目の顔合わせをクリアした対象にですよ?1回目の顔合わせは普通にお話しましょう^^;

 

美女と野獣のメリット

次のデートに困った場合に検討してみてはいかがでしょう?

・無難な映画
・感動シーンあり
・共通の話題ができる

 

無難な映画

誘うのにそんなに問題となる点は無いでしょう。Vシネマとか、官能映画とか、ヲタ系アニメとかは多少相手を選ぶでしょう。しかし、ディズニー映画なら相手がディズニーに親を殺されたとか、特別な事情が無い限りは問題無いでしょう。

 

感動シーンあり

映画を観て涙を流せる人は、相手(ここでは映画の登場人物)の気持ちを理解できる素敵な方です。結婚して一緒に暮らすにしても、あなたのことを考えられる人です。…考えられるけど行動してくれない、という可能性もゼロではありませんが(´・ω・`)

 

共通の話題ができる

会って間もない頃は共通の話題も少ないでしょう。映画を観るという共通の体験をすることで、共通の話題ができます。共通の話題を突破口に話を広げることもできるでしょう。

何を話したらいいか困る方は試行錯誤の一環として、試してみては如何でしょうか?

 

映画を毛嫌いする人は?

映画の提案を断られたら?

相手に対案があるのであれば、そちらの案を採用すれば良いでしょう。

対案が無く、今までのデートで〇〇行こうよみたいな話も無ければ……ただのクレーマーかも知れません。

映画嫌いな方は、相手の気持ちを理解して感動する能力が低いのかも知れません(単にそれ以上の趣味があるだけかも知れませんが)。

その辺はあなたの判断にお任せします。

 

まとめ

・継続は力なり、試行錯誤も力なり
・映画デートの可能性は大きいよ?

 

———-
ブログランキングに参加しています。
よろしければ押して下さい!