外観の設計(テキスト部)

テキストを入力する部分

テキストを入力する部分はhtmlのtextareaを用いることにより準備することができる。実際のhtmlファイルに記述した内容はこちらになる。

<form name="inputForm">
<textarea rows="10" cols="12" name="inputArea">
</textarea>
</form>

次にテキストを書き終わったら、取り込むためのボタンを用意する。ボタンは数字を入力する部分と同じようにボタンにて準備することができる。実際のhtmlファイルに記述した内容はこちらになる。

<input type="button" style"width:75px;" id="imp" value="Import" onclick="import_d();">

このhtml記述によって作成されるコンポーネントがこちらになる。

—- ここから —-



—- ここまで —-

(註:コンポーネントを用意しただけであって、テキスト入力しても、ボタンを押しても特にこれといった動作はしない。)

form nameやonclickの説明は次の節で述べるとして、以上でhtmlに準備する、テキストを入力する部分のコンポーネントが整った。
次回はボタンが押された場合に処理するJavaScriptの説明をする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です